魔法のいえ

PROFILE

PROCESS



魔法のいえ

クルミ材の肌と、この木工作家さんならではの柔らかなカーブが優しい雰囲気を引き立てます。

ユニークなフォルムとアンティークの風合いが気に入って選びました。イタリアのニコラッツィ社の水栓。

板金やさんに鉄板で作ってもらったフード。絵だけでは伝えられないので模型を作って打合せを。思い通りに仕上がりました。

このキッチンのイメージにぴったりで、知人に譲ってもらった銅のミルクパン。

『扉の向こうは何だろう?』とわくわくするような楽しい色で、アンティークのような風合いに施しました 。

アンティークショップの倉庫で出会った不思議な形のロートアイアン。コンロの五徳に生まれ変わりました。

夜が明け始め、家の中には暖かな明かりが灯ります。

お家の中なのか外なのか、ニッチをつけてみたり壁をちょっと崩してみたり、この家には遊び心がたくさんあります。

森の中の家をイメージして 木の枝をモチーフに作ってもらったカーテンポール。この作家さんの手にかかると、鉄のあらあらしさも優しい仕上りに。

キッチンのシンクは、削り出してきた石のイメージで作りました。アンティークの小窓から柔らかな光がキッチンに差し込みます。

BACK

AKIRA.I


Architect

小さい頃から絵を描く事が大好きで、飼っていた猫や犬のスケッチをよく描く毎日を過ごす。画家を夢見ながらも、器や家具といった人が使う物(道具に惹かれて、形ある物へと創造の場を変えることに。インテリアデザイン事務所へ就職。空間創りのイロハを学び4年後にデザイナーとして転職。商業デザインの世界で様々なデザインを経験し、トータルな空間創りをライフワークとして現在活動中。

CLOSE